こころもよう

b0301911_20121951.gif
b0301911_20122584.gif
b0301911_20122965.gif
日々の空気は打ち寄せる波の様に肌を優しく撫でる事が多くなってきました。
太陽から8分17秒後に到達する光は日に日に強く感じてきます。
その光に氷は溶け流れを作り、輝いて見えます。
その輝きの繰り返しを見ているとさも自分の「こころもよう」を見ているようです。
よきにしろ、わるきにしろ

[PR]
by iadnab | 2017-03-22 20:22 | 風景写真


<< 小岩井から網張へ 白鳥は去り春来る >>